2010年08月28日

五葉松 盆栽:育て方 葉すかし(葉透かし)

そろそろ五葉松(ゴヨウマツ)盆栽の葉透かしを行ってみようと思います。

盆栽の難しさのひとつは、専門家でもお手入れの方法が人によって異なるということではないでしょうか。

たとえばこの葉すかし。盆栽の手引書によって、時期が結構異なります。7-8月が適期というのもあれば、8月下旬から9月と表現している本もあり、中には11月とあります。

葉の切り方も根元からとってしまうやり方と、葉鞘(ようしょう)の上を3ミリくらい残すやり方があります。

この葉透かしは、上枝の古葉を切って、今年の葉を残す作業です。

五葉松はクロマツに比べて育ちが遅く、特に若木は上のほうの枝に樹勢が集中して伸びてしまいます。そこで、上のほうの古い葉を落として、下枝にも日が当たるようにして、また風通しも良くして、下枝を成長させ、太らせる必要があります。何のためかといえば、見栄えのいい盆栽にするためです。

そのために葉透かしを行うのです。

つまり、この差というものは、どちらでも大きな差はないが、いくつも方法を列挙すると読者が混乱するのでひとつに決めているということもあろう。

よって、この葉透かしは美しい盆栽に育てるために必要ではあるが、多少適当でも大きな問題にはならないと解釈できるのではないでしょうか。

ただし、肝心な部分は、ほとんどの手引書は共通しています。

ちなみに我が家の五葉松は今、こんな感じです。

20100828-1s.jpg

6月に入手したときは、こんなでしたから、結構印象が変っています。

20100606-5s.jpg

次回は、葉透かしの実際をお見せします。


五葉松は1年を通じて楽しめます。
9月20日の敬老の日のプレゼントにも最適ではないでしょうか。




でも盆栽が本当にできるのか、心配もあるでしょう。

今回述べたように、本を読んでもどうしていいかわからないということもあります。


そうであるならば、誰か一人の師匠に習うというのもひとつの手ではないでしょうか。

このような教材があります。それとセットで、敬老の日のプレゼントということも、ひとつのアイディアです。


「盆栽は初心者には難しそう」
「盆栽をやりたいけど、何から始めたらいいのか」

 と、思っていませんか?

 実は、ある方法を知れば、盆栽を簡単に楽しむことができます。

 しかも、短期間に1人で・・・

 テレビ・雑誌などでも数多く取り上げられ、芸能人も多く習いに行く、
 人気盆栽アーティストが盆栽上達法を大公開!


 5月23日の「ソロモン流」にも出演した人気盆栽アーティストがお届けする・・・・・


 その方法とは?? ⇒ 【盆栽】藤田茂男の流儀 〜盆栽上達法〜


盆栽目次

ランキングに参加しています。下のバナーを1日1回クリックしていただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ 盆栽へ
にほんブログ村



posted by ありんこ at 11:37 | Comment(0) | 盆栽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: